本文へスキップ

見出し共に生きるプロジェクト


第一回共に生きる展 川西アステにて 



共に生きるプロジェクトとは
私、浦大典は高校生の時に、
現代美術の祭典ヴェネチアビエンナーレの
AU企画展に招待されイタリアに
障害を持つ芸術家の方々と共に日本を旅立ちました。

目的地ヴェネチアは船を交通手段とする水の都で町全体が芸術一色で染まり広がる新世界に驚きました。

会場でパフォーマンスを手伝わせて頂いたのですが
そこは国境、民族、言葉の壁、障害の有無などがなくなり
一つ人の輪ができました。

そこで芸術は世界を繋ぐと感じ
実行委員会形式の企画展を立ち上げる事にしました。


これまで 川西市、宝塚市、
川西市ライオンズクラブ、宝塚ロータリークラブ等
たくさんの方の応援を受け展示会を開催してまいりました。

開催場所は芸術の素晴らしさをより多くの方に知って頂くために
関西の百貨店やデパートなどたくさんの方が集まる場所で
不定期という形ではありますが開催しております。


過去のレポートはコチラより!

このページの先頭へ

tmoniikirutenn1.htmlへのリンク

newpage1.htmlへのリンク